初代窯の話

こんばんは。

今日も暑かったですね。作業をしてるとシャツがびしょびしょ。でも一昨日ワークマンで買ったシャツがなかなか快適で、張り付かないし早く乾くので不快感が少なかったです。しかも安い。

さて昨日の話の続き。この初代窯ですね。

これを作ったのは亀岡に来て2年目くらいだったでしょうか。父がせっかくこういう環境に来たのだからピザ窯でも作ったらどうかと石窯キットなるものを買ってくれたのです(注文手続きは自分でしましたが)。頼んでもないのに何かを買ってくれたことなどほとんど記憶にないことでした。

このころはまだお勤めに出ていて、畑や庭木には興味がありましたが、まだ窯やパンにはさほど興味がなかった頃です(妻はパンを時々焼いてましたが)。

この石窯キットにセットになっているものは、本体になる断熱レンガ(カット済み)と耐火レンガの大判、素焼きの煙突、ドームを作る際の型枠になるボール紙、グルーガン、レンガを連結させるための波釘などだったように記憶しています。

このキットだけでは土台もなく蓋もなく本体もむき出しなので、コンクリートブロックで土台を作り、本体の周りを赤レンガで覆い、煙突もステンレスのものをとりつけました。鉄の蓋やピールは父が溶接して作って持ってきてくれました。

わたしはセメントを練るのもブロックを積むのもレンガを積むのも初めて。道具の使い方から積み方から父に教わりながら、モルタル練るのを全部やらされながら、2人して作ったのです。

父は職業柄生活に必要なものはなんでも作るような器用な人で、趣味の山小屋なども自分で作っては遊んでいました。

ちょうど私が高校生のころからでした。父はその山小屋に毎週末ごとに通っては作業にいそしんでいました。どうもその時に息子とともに作業をしてあれこれ伝えたかったみたいなのですが、いかんせん私はと言えば思春期の上部活にも忙しくわざわざそんなところに行って土木木工作業をするような歳ではありませんでした。

成人してからは離れて暮らし、仕事や遊びで忙しく年に何度か宴会に顔を出すくらいで一緒に作業をすることがなかったものですから、父の思いにこたえられなかったことがちょっと心残りというか、気になってはいました。

ですからようやく30代になって父が老いぼれてしまう前に一緒にこういう作業をできたことがなんだかほっとしたような気分になったものです。

この窯でピザを焼き、パンを焼き、どうしてもうまくいかなくて工夫をして。そうしてなんだかおもしろくなって今こうしてパン屋になってパンを焼き、窯を作ってばかりいるという暮しになりました。父と作ったこの窯がふくくるの始まりなのです。

父は4年前他界し、そして今日この窯を解体しました。

思い入れの深い窯だけに悩みましたが、新しい窯が使いづらい位置になるということ、解体すればその材を新しい窯に転用できることから解体することにしたのです。何より、思い入れがあるだけにおそらく年々解体しづらくなると思ったからです。

全然使っていませんし(機能的に使いづらい)新しい窯ができればなおさら使えませんし、何年か先、息子か他人かわからない誰かがこの家に住むときにきっと困るでしょう。知らない誰かが壊すくらいならいっそ自分の手で解体し、新しい窯として再生させようと思ったのです。

案の定すごい量の資材です。ガラは砕いてコンクリートやモルタルに混ぜたりしてできるだけ無駄にせず新しい窯にします。

改めまして夏季休業について

すべてはここから

こんにちは。ふくくるです。

昨日より夏季休業に入りました。

先日このブログでもご案内しましたが、約1か月ほどお休みをいただきます。

当初の予定では8月29日(土)までお休みをして9月3日(木)より再開するつもりでしたが、あまり追い詰めても仕方なくあとから延期するのもよろしくないと思うので最初から一週間延ばして9月10日(木)より再開することにしました。

一日ゆっくり休んで気持ちを切り替えて窯制作に入りたかったのですが、そんな余裕もなく、ゆるゆるとですがもう昨日から動き始めています。

まずは場所の確保。新しい窯を設置予定の場所はいろんなモノであふれているので、それらを“動かす先の場所”を片付けてから、その場所を片付けました。それだけで一日。

今回作る窯は個人的には4つ目の窯となります。3つ目は庭の土窯で2つ目がふくくるパン窯。では1つ目は?それが写真の赤レンガの窯なのです。

この赤レンガの初代窯の話を明日書いてみようかなと思ってます。とりあえず今日は夏季休業の告知でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

夏季休業 8月6日(木)~9月5日(土)

営業再開は9月10日(木)より

※作業の具合で再開が伸びる可能性があります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

国道423号法貴峠通行止め


またですよ。
幸い事故は起きてないようですが、崖ののり面が崩れて落石防護ネットに土砂がたまって危険な状態らしいです。

一昨年の西日本豪雨のときも崖が崩れ4ヶ月近く通行止めになりました。その時の復旧工事があと少しで終わろうかというタイミングです。

2年前と同様に見張りのおじさんは信号のところで車を止めると思います。「そこのパン屋に行きます」と言えば通してくれるはずです。お手数おかけしますがよろしくお願いします🙏

油の変更

いつも食パンに使用していたなたね油が仕入れできなくなったため、油を変更します。

なたね油 → 太白胡麻油

胡麻油といっても炒る前のごまを絞っているため色も白く胡麻の香りのしないあっさりとした油です。

今まで当店の食パンを常食していた方は気づくかもしれません。よくも悪くもすこうしクセがなくなりました。色も若干白めです。

夏季休業のお知らせ

そろそろ告知しておきます。

今年も8月の間お休みをいただきます。
ここ2年くらいかな?8月というのは暑さで客足が鈍るうえ、発酵管理が難しく、盆休み、子どもの夏休みが重なる月です。
そのためお休みをいただき、まとまった時間を必要とする作業をしています。
昨年は主に事務スペースを整える作業に費やしました。

今年も猛暑が予想されていますね。
そんな中、今年は新しい窯づくりをしようと考えています。
もう少し量が焼けるように、というのが一番の狙いですが、さまざまな思いをはらんでいます。
ただ、うまくいく保証はなにもなく、実はなかなかの賭けでもあります。
現状はそんなに安泰ではありませんから、リスクがあっても進むのです。
開業時からそんな姿勢は変わっていません。
不安と期待の6年目始まりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

夏季休業 8月6日(木)~8月29日(土)

※作業の具合で再開が伸びる可能性があります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ダイエットの結末

ずっと前からこのブログを見てくださっている方はご存じの通り、わたし(店主)は昨年5月末くらいからなんとなくダイエットを始めました。

かなりゆるく始めたのでやめることなく今日まで続いています。ブログに書いたから前の記事を確認しようとしたのですが、過去の記事が探せないし検索もできないので見つかりません。(今度サイトに手を加えときます)。

覚えている方のために一応結果報告を。

1年前72~73㎏あった体重が、現在65~66㎏となりました。7㎏減ですね。

まずやったのは朝食を抜くこと。いわゆる半日断食です。前日の夕食から16時間は食べないようにして、胃腸を休め、オートファジーを起動させ、そもそもの食事量を減らすというもの。昼食、間食、夕食は気持ち控え目な気分で食べてました。酒の量もそのまま。

これだけですぐに4㎏ぐらいは減りました。

半日断食をしてみて副次的によかったことがあります。それはより食べ物の栄養に気を遣うようになったことです。一日の食事がたった2回しかないのですから、そこでバランスの悪いものを食べると影響が大きいような気がして、ちゃんとしたものを食べようという意識が強くなりました。

秋にランニングに挑戦しようとしましたが、時間がとりづらく習慣にならずに断念。ウォーキングも同様。

年始からは筋トレを始めました。最初はプランクのみ。ネットでたまたま「30日間プランクチャレンジ」というのを見つけたのがきっかけです。最初はハードルが低くてもとにかく習慣さえつけば強度は上げられるし、嫌でも体は変わっていくと思って内容よりも続ける工夫を考えたのです。

今は何種類かの筋トレ、それもぜんぜん大した量じゃないですが、週に5回続いています。筋トレを始めてようやくお腹がへこんできたような気がします。(劇的にではない)

面白いのは、冬の服装から夏の服装に変わり体の線が見えるようになった途端、「やせた?」と言われることが増えたことです。

残念なのは、パンツ類のウエストがガバガバで買い替える必要が生じたことです。ベルトも必要になりました。

いったいどれだけ食べてどれだけ腹が出ていたのか。いつもなんとなくだるくて疲れやすかったのもいつのまにか改善されました。

今後は、もう少し筋力と柔軟性をつけてとにかく「使える身体」「疲れにくい身体」が目標です。体重を減らすとかゴリマッチョになろうというのではありません。

なんせやりたいことがいっぱいあって、それを実現するための身体が欲しいのです。

というわけでダイエット報告でした。終わり。

子ども新聞土窯取材

こんにちは。

首から上だけこんがり焼けてきたふくくる店主です。

亀岡市内で京都新聞を購読されているご家庭には先日20日に「かめおか子ども新聞」が届いていたかと思います。ご覧になられましたか?

記事になりましたので、こちらでもちょっとレポートします。

この日は6:30から準備スタート。そんなに早くから何をするのかと思うかもしれませんが、10:00集合ですので、ピザのソース、トッピングなどを作りつつ、窯への火入れ、会場の設営などをするとなるとこの時間からの準備となるのです。

集まったのは小学3年生から中学2年生の子ども記者5名と編集長のハカセ。

まずは土窯の説明から。早くから動いてるのでウォーミングアップ済みの店主に対し、さっき起きたばかりのような子ども記者たち。学校が休校中でしたので、みんな起きるのが遅いみたいです。テンションの差は埋めがたく、また、土窯の素材や熱の対流の話なんてちょっと遠いところの話だったみたいです。

薪割台など

ここは切り替えてさっそく薪割タ~イム。

わたしも最近はもっぱらエンジン式薪割機だったので斧を振るのは久しぶり。子どもたちでも割りやすいようにとヒノキの丸太を用意しました。

でもまだ思春期手前の子たちばかりでもやもやしたエネルギーがちょっと不足してましたね。ちょこっと割って、ハイ終了。薪割り楽しむ小学生はさすがにいないか。

で、お待ちかねのピザタイム。まではもう少し。

薪をくべて温度をしっかり上げます。よく雑誌やイベントで自作のピザ窯で焼いてるピザを見かけます。チーズがとろりとしててキツネ色の生地で美味しそうではあるんですが、私に言わせれば窯の温度が足りてません。

しっかり蓄熱した窯で焼くと表面はちりちりと焼け、細かい黒い焦げ目がつきます。外はカリっと中はもっちり、が美味しいピザです。キツネ色のピザは低温長時間焼いているので表面は固く、中もパサついています。3分以上焼いてるようなピザはこういうのになりがちなのでご注意。

1枚ずつ順番に焼いていきます。

とここでびっくり仰天!集合時間ころには常温に戻しておくべきピザ生地が冷蔵庫の中にあるのを発見!これは・・・伸びるのか?

気持ち(数分)外に出してから最初の生地を伸ばす。断然ベストじゃないのだけど、できなくはないか~、ま、しょうがないので焼いてみよう、ってレベル。子どもたちには申し訳ないことをした。

一枚目のマルゲリータは私が伸ばし方を教え、手本がてら焼く。さすがにここには食いついてきた子どもたち。目の輝きも口数も違う。

以降は一人ずつ自分で伸ばして好きな具をトッピング。でもそこは子ども新聞の記者たち。人の話は聞いてないのでオリジナリティ豊かなピザになりました。ただ、うまく伸びない原因の半分はわたしのチョンボのせいです。

写真を載せたかったのですが、だいたいピザをやると手が汚れているうえに忙しく動き回って写真を撮れないまま胃袋に入ってしまいます。ごめんなさい。

ピザの後、窯の温度が下がってきたら野菜のホイル焼きを放り込んでパンを焼きをしてスコーンを焼いてお土産に。と考えていましたが、全然時間が足りず。

なんとか無理やり放り込んだフォカッチャは焦げる寸前。スコーンも普段の焼き加減とは全然違うのが一応焼けて、お迎えに来た保護者さんに預けました。でもほかほか感は美味しそうだったかな?なんだかバタバタしっぱなしの取材は嵐のように終わりました。

いつかこの体験を思い出すときが来ることを願います。

お野菜は到底間に合わず、とりあえず準備はしてたので放り込んで夕食のおかずにしました。

この窯についてはいずれピザ体験なり、窯作り体験なりのイベントに活用しようと思っています。需要としてはどうなんでしょうね。さっそく興味のあるグループから問い合わせがあり一昨日見学に来られました。

来店のお客様でもそうですが、「田んぼの土と石だけでできている」という話をするとみなさん驚かれます。大したことではないんですが、そこがうちの窯のミソなんです。自然に返るエコな窯なんです。アースオーブンって調べたらいっぱい出てきますが、だいたい耐火レンガも使ってたりしますし、手に入りにくい土を使ってたりします。

興味がある方はぜひお問い合わせくださいね。参加してみたい、とかじゃなくても「ピザに興味あり」とか「窯を作ってみたい」とか「ただ食べたい」とか教えてもらえると今後の参考になります。

抹茶とかのこ豆のカンパーニュ

おはようございます。
梅雨に入り亀岡は雨が続いております。台風や豪雨でなければ雨の匂いもきらいじゃないです。

匂いに対する好悪ってきっと記憶と結びついているのではないかと思っているのですが、私の場合はなんでしょうね、中学生の時の宿泊研修か、あるいは大学の時にあちこち旅していた時の記憶か、どちらかでしょうね。強烈な記憶じゃないから無意識のなかですが。

先ほどコーヒーを淹れたときにもいい匂いに満たされました。ちょっと匂いにフォーカスするのもいいかもしれない、と柄にもなくアロマテラピーについて学んでみようかな、なんて思いましたよ。いいコーヒーってそれなりにいいお値段しますけど、あれって味代だけでなく匂い代含んでますね。

さて、久しぶりに新作の紹介。

抹茶とかのこ豆のカンパーニュ

「抹茶とかのこ豆のカンパーニュ」

抹茶を練り込んだ生地にうぐいす豆と大納言小豆のかのこ豆が入っているちょっと和風なカンパーニュ。新作と言いつつ先々週くらいから出てます。

「かのこ豆ってなんですか?」とよく尋ねられますが、モノは知っているものの実はあまり詳しくないので(注:夫の方)調べてみました。

「かのこ豆」とは豆をつぶさないよう丁寧に甘く煮たもので、蜜漬けと説明されたりします。工程を調べてみると煮汁に漬けては焚く、というのを繰り返すためではないかと思います。甘納豆に似てますが、甘納豆は砂糖がまぶしてあります。

抹茶を練り込むと生地があまり膨らまないのでふかふかではありませんが、もっちり感が和風味にピッタリ。抹茶のほのかな苦みとかのこ豆の甘みがよく合います。ぜひ一度ご賞味ください。

「予約のみ」解除へ

おはようございます。

いよいよ梅雨入り間近な京都・亀岡です。そろそろ梅も収穫しなくてはいけませんね。

さて、先週より(木)(金)予約販売のみとさせていただいております。土曜日の客足を見ておりましても、その前の週の様子からみてもだいぶ混雑はなくなってまいりました。

やはりコロナの新規感染者が減り、経済活動が再開されつつある状況に連動しているようです。

そんなわけで、さっそくですが今週より予約のみ販売を解除いたします。

「え?もう?」という声が聞こえてきそうですが、こういうときは臨機応変に対処せねばなりません。それができるのも小さい店ならではかと。

ただ、まったく通常営業に戻るかと言えばそうではありません。以下ご確認ください。


6月11日(木)より

(木)(金)・・・予約、店舗販売あり

5月までは予約をいっぱいまでとらず店舗販売分をある程度確保しておりましたが、これからは予約はいっぱいまで取れるようにします。なので店舗販売には並ばないパンが出てきます(食パンなど)。つまり「予約優先販売」です。この点が以前と違うところです。これだけは、というパンがある方はご予約をお勧めします。

(土)・・・店舗販売のみ。予約不可

コチラは予約不可を継続します。(木)(金)でも予約がすでにいっぱいで買えないパンも早く来店すれば購入可能です。


ちなみに①

(木)(金)は亀岡市内に限りますが、宅配も行っています。詳細は「配達・配送について」のページをご覧ください。

ちなみに②

予約の中でも優先される予約があります。それが「定期取り置き」「定期配達」です。こちらを確保したうえで他の予約を埋めていってます。1週間~1か月単位くらいで定期的に購入されるとのことでしたら優先的に確保しますので、ご希望の方はご相談ください。1/週の方が多いですが、1/2週、1/月の方もちらほらおられます。

ちなみに③

「予約用のメニューはありませんか?」と尋ねられることが増えました。すみません、今のところ当サイトの「パンの紹介」ページを見るしかございません。こちらをご参照ください。全部のパンを指定しなくても「カンパーニュフルーツナッツ1個を含む1500円のセット」といった注文の仕方も可能です。すべて考える手間がないのと、福袋的わくわく感が味わえるのでお勧めです。とくに定期の方は毎度考える手間が省けるので定期配達の人に多いパターンです。

ちなみに④

ちなみにが多いですね。これで最後です。注文のお電話をいただくタイミングですが、営業日の午前中はパンを焼く作業真っただ中なのであまり電話がとれません。またとれても長時間の対応はできませんので、それ以外の時間帯にお願いします。午後2時以降が助かります。営業日外も対応可能ですが、外出などしているととれないことがあります。


コロコロと変わって申し訳ありませんが、このご時世なのでご勘弁ください。どうぞこれからもよろしくお願いします。

2020年6月 営業案内

おはようございます。
今年の梅雨入りは昨年よりは早そうですね。
暑さの中のマスクがちょっと気がかりです。

さて、今月の営業案内です。

臨時休業等の予定はございませんが、今月から営業体制が変わりますのでご注意ください。

メディア掲載がきっかけですが、コロナ流行によって他店の自粛、在宅ワークの増加が当店の混雑につながったとみています。

先週あたりより平日は明らかに来店客は穏やかになっております。ただ、まだ第2波がどうでるかわからない状況ですし、確実に予約される方も増えておりますので予定通り営業体制を変更し、通常営業に戻すかどうかはコロナの状況を見て判断していこうと思っています。

引き続き情報をご覧いただければと思います。

おさらいしておきます。

(木)(金) ・・・ 予約販売のみ。店舗受け取り、または配達のみとなります。お受け取りは原則営業時間内ですが、遅くなるようでしたらご相談ください。

2日前までが確実ですが、食パンは焼ける数が少ないため2日前ではすでに予約が取れなくなっております。食パンを希望される方はお早めにお願いします。

ご予約は、来店時口頭にて、電話、SNS(LINE、Instagram、Facebook)、メールなどで承っております。ちなみにお電話は営業日の午前中~開店時間前後は作業中のため手が空かずとれないことが多いです。

(土)・・・店舗販売のみ。ご予約はできません。遅い時間だと売り切れていることもありますが、予約なしにする分店頭で提供できる数は多くなるはずです。多くの方にお買い上げいただけるよう大量の買い占めはご遠慮下さい。

いろいろとご迷惑おかけすると思いますがご理解のほどよろしくお願いします。