パン屋の薪割りサイクル

無理はしない

5:30に起きて朝飯前から草刈り。

これだけ日中が暑いと早朝しか動ける時間帯がない。

そりゃ無理すれば動けなくはないけど、体調を崩しては元も子もないので無理はしません。

 

隣のおじいさんと話をしていたら、昔は30℃を超えると「すごい暑さやなぁ」ってゴルフを中止してたとか。連日35℃を超えるなんてなかったそうです。

 

夏場は草刈り、薪割りその他もろもろの作業があるのにこの暑さで活動時間が限られるのは辛い。でも無理をして体調崩すのはもっと辛い。

「体調不良でお店休みます」というのは最大限避けたいです(冬にインフルで休んだことがあるけど)。

なにより長い目で見て続けていこうと思うと、”無理をする”を当たり前にしてはいけないと思う。

 

営業日以外は何をする?

能勢にある『薪パン日々』さんが9月から営業日数を(水木金土日)の5日/週から(木金土日)の4日/週に変更するそうな。

やっぱり薪を継続的に作り出すのに無理があったみたいですね。賢明な判断だと思います。

一日減らすことで薪を作る時間が増えるし、薪の消費量も減るので一石二鳥です。

うちも4日/週で、しかも薪の半量は購入していて、それでも時間がなくて困っている。

日々さん大変やろうな~と常々思っていたのでちょっと安心しました。

 

お客さんの中には「3日/週も休んで何してるんですか?いいなぁ」という人が少なからずおられます。

こういうとき、「薪割りとか地域の行事とか…買い出しとか仕込みもありますしねぇ」と答えています。

お客さんは「へぇ~」としか言いようがなく、話はそこで終わるのだけど、実際薪割りってイメージがつかないですよね。ふつうは。

 

パン屋の薪割りサイクル

せっかくなのでうちの店を例に詳しく説明してみます。

薪にする木はいろんなところでいただいてます。造園屋さんや地域の人など。

運んでいただくこともあれば、軽トラを走らせて自分で取りに行くこともあります。

 

玉切り

このいただいた木は通常薪に適したサイズより大きいので切ることになります。

玉切りと言われる工程ですね。当店の窯の場合30~35cmくらい。

隣の空き地でブルーシートを広げて、馬と呼ぶ台に木を載せてはチェーンソーで切っていきます。

木というのは切って間もないときは水分をたっぷり含んでいるので重いです。運ぶのに一苦労。

立った姿勢で切ることができれば切っているときの腰の負担が減りますが、持ち上げるのが大変になります。

かといって転がした状態のものだとチェーンソーが地面にあたるので少し高くしますが、そうなると中腰での作業となり、腰に負担がかかります。

重い木を動かし、中腰で切り、切ったものをまた運ぶ、という工程がわたしとっては薪割りより辛い時間です。

 

薪割り

この玉切りした木(玉と呼びます)を薪割り機で割っていきます。

今でこそ機械に頼ってますが以前は斧で割ってました。

針葉樹で変なフシが少なければサクサク作業は進みます。ただそれでも軽トラ一杯分割ろうと思うと1時間半くらいはかかるでしょうか。ずいぶん早くなりましたが。

ちなみに当店の場合、軽トラ一杯分で1週間あるかないかの量です。

 

積み上げ

この割った薪を乾燥のために積み上げていきます。

薪ストーブユーザーならば使うのは1~2年先でしょうが、薪のパン屋はサイクルがもっともっと早いので積み方もシビアです。

ストックが少ないときは必ず井桁積みという隙間の多い積み方をします。皮を下にして少しでも乾燥が早まるようにします。

この作業がまた時間がかかる。適当にすると乾かない、崩れる、という悲惨な目に遭います。

 

作業にとれる時間

この(玉切り⇒薪割り⇒積み上げ)のサイクルを一日ですることもあれば玉切りと薪割りを分けることもあります。

わたしはダラダラやるので一日でやるとなると軽トラ1杯~2杯がええとこです。だから年中薪割りに追われることになるんですけど。置き場所の問題もありますが。

日曜日は子どもの相手をしたり、地域の行事(消防団とか消防団とかその他もろもろ)が入ることが多く、作業は月曜か火曜になります。

薪割り以外の用事もあるので薪づくりに取れる時間はせいぜい1日/週ですね。木を取りに行ったりする日も含めて。

雨が続くと悲惨です。

 

持続可能なシステムをつくろう

長くなりましたが、これが薪窯パン屋の真実です。

4日/週営業がギリギリです。

それでも年齢が上がった時に同じようにできるか、となると疑問です。

労力や保管場所のことも考えると、通常の薪窯パン屋は薪を買っていることが多いのではないでしょうか。

当店と薪パン日々さんはロケットストーブ式の窯を採用しているからこそ、この方法でなんとかやれていると思います。(ロケットストーブ式は半乾燥でもよく燃える)

こうしてみると薪窯パン屋って通常のパン屋と別物だというのがよくわかると思います。

「週3日も休んでいいな」って言われて腑におちないこともありましたが、求道者でもないんだから「楽していいな」って思われるくらいの方がいいのかなと最近は思います。

楽して余裕のある営業ができるようにならないと、老いぼれたときに絶対できませんからね。

そのシステムを確立することが当面の課題です。

通行止めに負けそうだ

 

7月上旬の大雨で当店のすぐ前の国道423号線が通行止めになりました。

集落を抜けて大阪・池田方面へ向かう峠の途中で崩落、がけ崩れが発生したためです。

 

曽我部小学校前の交差点で、通行止め看板が立てられていて、さらに423号線の法貴区生涯学習センター前の交差点でも通行止め看板と係員が置かれる事態になっています。

北向きでは西別院小学校前、柚原交差点にて通行止め看板が出ていて、亀岡方面へは来れないようになっています。

 

当店は崩落個所のある法貴峠と通行止め看板の間にあるので、大阪方面からはだいぶ迂回をしないと来ることができず、また亀岡市街からは2つの通行止め箇所を超えてこなければなりません。

 

当然ながら、先週は来客が激減しました。

 

いや~参った。

しかも復旧まで半年はかかるという情報もあります。

 

ふくくるピンチです。

 

もちろん、通行止めのせいだけではないかもしれません。

この酷暑のせいかもしれないです。

当店の魅力がないからかもしれないです。

 

ただ、いずれにせよピンチです。

8月休業は大雨の前から決めていたことですが、結果的に賢明な判断となりました。

この期間を生かしてよりよいお店に改造します。

 

問題は9月以降ですよ。工事がいつまでかかるのかわかりませんが、なにか打開策を見つけないと。

期間限定でうちのパンを使うカフェが現れる、出張販売先が見つかる、なんて都合のいい話はないでしょうからねぇ。

通販?配達の拡大?システムの改変が必要ですね。

 

ピンチをチャンスに。そう思って知恵絞ります。

 

7月28日(土)までは通常営業ですのでご来店お待ちしています。

にしても暑いなぁ。

8月夏季休業のお知らせ

7月に入ったとたん、未曽有の大豪雨に襲われました。

これでもかと続く大雨の後の日差しに、多くの人が太陽のありがたみを感じたことでしょう。

しかしながら梅雨が明けると待っているのは体温を上回るほどの酷暑。

一転して太陽が憎まれる季節の到来です。

 

さて、ふくくるでは例年お盆の時期に夏期休暇として一週間ほどお休みしています。

どこの家庭も似たようなものでしょうが、だいたいが帰省、墓参り、子どもの相手でつぶれるものですね。

休暇といえど身体はちっとも休まりません。

 

その夏季休暇を今年は一か月間いただきます。

しっかり休めるように?いえいえ、そうではないんです。

 

夏場、とくに8月というのは一年で最も暑く、そして最もパンが売れない時期なのです。

パンはお口の中の水分を持って行ってしまいますからね。気持ちはわかります。

家から出るのも嫌になるほどの暑さですから。

 

売れないから休むのか?いえいえ、それだけではありません。

どうせなら家と店舗の大整理をしてしまおうか、というのが狙いです。

 

見切り発車的にオープンしたお店も3周年を迎え、4年目に突入しましたが(あ、ちゃんと報告してない)、オープン時から倉庫や空き部屋がひっくり帰ったままなんです。

その影響でいろんな動線が非効率で、探し物は多いし、時間はかかるし、片付けても片付けても根本的な解決に至らない状態がずっと続いています。

また、お店を運営していくなかでわかってきたことやその現状に合わせて変えなきゃいけないことも多い。

でもそれをするためのまとまった時間が取れない。

そこでこのフラストレーションをこの際解消してしまおう、と考えているわけです。

 

ですので、一か月休むといってもその実、朝から晩まで働き詰めになることが予想されます。

きっと休み明けにはスッキリした、リニューアルふくくるでお目見えできることと思います(そう願います)。

 

というわけでふくくるは7月28日(土)の営業のあと夏季休業に入り、9月5日(水)より営業再開いたします。

少し長いお休みとなり、ご利用のお客様にはご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解のほどよろしくお願いいたします。

休みの間の情報はちょっとずつこのサイトやInstagram、Facebook等でも報告してまいりますので、どうぞ見てやってください。

 

 

非常時ですよ

降り続く雨の中、あちこちで被害が続出しています。

当店店主も一昨日、昨日と消防団として水害対応のために出動しておりました。

 

テレビをつけていると各地の様子が報じられています。その中で「警察と消防が、・・・」というフレーズを幾度となく聞こえてきます。

この時の「消防」という言葉にどういうイメージをするでしょうか。

以前の私なら間違いなく「消防隊員」をイメージしていましたが、消防団員となった今は「消防隊員・消防団員」をイメージします。

なじみのない人にはなんのことかわからないかもしれませんが、「消防団員」は消防署に努める職員ではなく、本業をもちながら有事の際に防災活動をする人たちです。

わたしも所属しておりますが、火事のみならず水害などの災害時にも地域住民の安全安心のために活動を行っています。

ときに「集まって酒を飲んでるだけ」とか「意味のない訓練している」とバカにされることがあるのですが、実際のところ、災害時には消防団抜きには地域が成り立たないほど活躍します。

今まで知らなかった人はこういうときによく注目してほしいと思います。TVにもよく映ってますよ。

今全国の消防団員が家族に後ろ髪ひかれながらも地域の安全安心のために頑張っています。きっと被害甚大の地域の方たちはろくに休む間もないでしょう。ご自身の安全も確保しながら頑張ってほしいと思います。

 

わたしが消防団に入っているのでこういう話から入りましたが、今全国で、警察や消防、行政職員、医療、福祉関係者、その他もろもろの方たちが非常時の対応に追われていることでしょう。

その活動すべてにエールを送ります。

その一方で、非常時にも関わらずいつもの対応・サービスを要求する人たちがいます。

 

わたしの地区の峠はおとといから通行止めになっていますが、次から次へと峠に向かって行く車が後を絶ちません。道には崩落個所が多く、まだ増える可能性が大です。万が一事故に遭うと、ご自身の身の危険だけでなく、救助に当たる人や対応に当たる人の危険も労力も増します。

 

いつものように通りたい

行政の対応が遅い

(道路が通行止めにも関わらず)ちゃんと届けてくれないと困る

 

全部実際に耳にした話です。

今は非常時であるという認識のもと、節度ある行動を切に願います。

頑張って災害に対応している人に心ない言葉は控えてください。

そんなにすぐにいつもの状態には戻りません。

 

そんなことを思いながら災害情報に接しています。

 

大雨による臨時休業について

更新が遅れてしまいました。

昨日に引き続き本日も臨時休業とさせていただきます。

亀岡市内の雨は穏やかになってきてますが、あちこちで土砂崩れ等の被害が発生しています。

皆様お気を付けください。

 

京都配達ありがとうございました

遅ればせながら先週金曜日の京都配達ご利用の皆様ありがとうございました。

告知をしたもののなかなか注文が集まらず企画倒れになるかと思いましたが、数日前になってバタバタと注文が入りました。

まだ十分に振り返っての検討をしておりませんので、今後またやるのかどうかはなんとも言えませんが、多くの方から「またやってほしい」と嬉しいお言葉をいただいておりますのでなんとか実現できるよう考えてみたいと思ってます。

一番のネックは時間が選べないことではないかと思っています。どうしてもという方はご希望に沿えるよう計画するのですが、そういった方が多いとどうしても我慢してもらう方が出てきます。

これだけは致し方ないですね。

亀岡市内の配達でもそうなんですけど、配達の妙味はface to feceでお話ができ、そして「嬉しい」とか「おいしい」といった言葉をかけてもらえること。別に店舗でも可能と言えば可能ですが、配達の方がより心理的な距離感が近くなります。

まぁ、誰もが正の感情ばかりではないと思うのでこちらから積極的にぐいぐい近づくことはないので、ドライにご利用いただいて大丈夫です。

とはいえ、お客様から正の感情を返してもらうとどうしてもこちらも言葉数も増えますね。なんかほんわかして帰ることが多いです。こればかりはお金じゃないなぁ、としみじみ感じます。

というわけでしっかりと検討してまいりたいと思います。どうぞよろしく。

 

しずくの日(18年6月)

今月もやります。しずくの日。

店頭では6月はお休みと書いてしまいましたが、開催できることになりました。

 

6月30日(土)です。

 

前回好評だった「初夏のしずく」は出るのでしょうか?

はたまた「梅雨のしずく」が出るのでしょうか?

わたしたちも知らないので楽しみです。

月に一度のお楽しみ。雨音を聞きながらも風流かもしれませんね。

アジサイ咲いた

例年、アジサイが咲くには咲くのだけど、高さがそろわないのが気に入らなくてどうしたものかと考えていた。

アジサイの剪定について調べてみると、いろんなところで花からいくつめだったかの花芽が出るところで切るよう書いてあるので律儀にそのようにしていた。

そこで昨年思い切ってそんなの無視して低い位置で切ってみたら今年は割と高さがそろってきれいに咲いてくれた。

何事もうのみにせず自分で試すことも必要ですね。

気づかないうちにある思考にとらわれていることがたくさんあるように思います。

 

花や木の剪定、草取りをしていると夢中になっていわゆる「ゾーン」に入ることがあります。

ぼーっとしてるんだけどものすごく集中力が高まって、次から次へアイデアが湧いてくる。

なんか違う脳波が出てるんでしょうね。

だからわりと剪定とかの園芸作業って好きなんです。

あんまり植木の多いのも大変ですけどね。

ふくくる夏のリニューアルの企み

先日お知らせしました京都配達ですが、今のところ反応は薄いです。
やっぱり時期尚早でしたか。
もう少し待ってみますが。

 

この京都配達のテストもそうなんですが、今いろいろなことを企んでいます。

というか、もともとオープン時から少しづつ進めていきたかったことがあったのですが、日々の業務と生活に追われてちっとも進まなかったのをいっそ一気にやってしまおう、ということなのです。

そのために8月の間お休みをいただこうかと考えています。
日程が最終確定すればあらためてお知らせしますね。

 

おおまかな内容としては、

・宅配、配送の強化
・物販スペースの整備
・イートインのスリム化
・ドリンクメニューの一部変更
・価格の見直し
・レジシステムの効率化  …etc

 

書き出せばキリがなくこの中でどこまでやれるか、1か月というのは長そうで短いのでちょっとドキドキしますね。
やっと手が付けられるというワクワクと、1か月収入がなくなること、お客様に忘れられてしまうことの不安が入り混じっています。

でもお盆休みがあったり、暑さで客足が鈍る8月じゃないとちょっとこういうことはできないので思い切ってリニューアルします。

休みが多くて怒る方もおられますが、うちの店、営業時間外の業務がすんごく多いんです。ごめんなさい。
この辺の事情はまた記事にしますね。
夫婦で田舎でお店をしたい!って人に参考になると思うんで。

 

京都への配達をやります

良い天気です。が、どうも今週ぐらいから梅雨に入りそうですね。

定休日に雨が降ると薪割りができないという焦りがあるんですが、かといって晴天時は暑すぎて炎天下での薪割り作業はリスクが高い。

最近は夜の消防団活動が多く、睡眠不足になりがちなので体調管理に気を使います。若いころのような回復力がありませんので。

 

さて、表題の件です。

お蔭さまで薪窯パンふくくるはもうすぐ3周年。開店してわりと長いことご近所さんやごく限られた知り合いしか来ないような店でしたが、ようやく亀岡のみならず市外からも足を運んでいただけるようになってきました。

以前より亀岡市内限定で個人宅、あるいは事業所へのパンの配達を行っているのですが、そろそろ亀岡市外の人も欲しいと言ってくださる方がいるのかなぁ、と思えるようなことも増えてまいりました。

 

そこで、あくまで”試験的に”なのですが、パンのメッカ、「京都」への配達をやってみようかな、と思います。

「京都」といっても漠然としてますね(※亀岡も一応京都です)。

わたしたちが「京都」という場合、行政区分としての「京都市」を指すことが多いです。今回の配達範囲としては、向日市、長岡京市、京都市(おおよそ鴨川以西、今出川通り以南)の京都西部地域に限定したいと思います。

あまりゲリラ的にやっても情報がいきわたらないので、事前告知という形でお知らせします。お日にちは6月22日(金)。この日は店舗は取り置き予約のみとさせていただき、午後からお届けに参りたいと思います。おおよそ14:00~18:00くらいでお届けできればと考えています。

一回きりとなるか、継続となるか、は反応次第です。配達範囲も実際のリアクションをみながら調整していきたいと考えています。

もし対象範囲の方でご興味のある方はぜひご連絡ください。2日前(6月20日)まで受付いたします。ご注文方法についてはメニューの「ご注文方法」をご参照ください。

ちなみにお時間の指定については、軒数にもよるのですが、対象範囲が広いこともあり、ご希望に沿えないこともございます。ご了承ください。