自然栽培小麦のパン

亀岡に移住するにあたり、やってみたかったことの一つが菜園です。今は時間がなくてできていませんが、ちょっとだけ野菜を育てていたこともあります。移住前から自然農に興味があって、その次に自然栽培に興味をもちいろいろ勉強しました。

自然栽培小麦

薪窯とかペチカ、土壁の家なんかもそうなんですが「昔からあるのだけど、科学的に合理的で環境負荷の少ないシンプルな技術」というものがたまらなく好きなんですね。非常に。

技術的に面白いだけではありません。農薬の害はよく知られているところですが、化学肥料にせよ有機肥料にせよ、もともと存在しえないものを加えるというのは、ほどよく保たれている自然界のバランスをぐっと崩してしまいます。小さな崩れは修正されますが、大きな崩れはよくわからない結果(ときにそれは”おいしい”とかわかる結果のこともある)を引き起こすでしょう。いい結果と悪い結果は表裏一体で現れます。そういう意味で自然栽培は安全性が高いと思っています。

ライスバレー自然栽培小麦

パンの原料である小麦については、育てている間の農薬はもちろん、移送中に虫がつかないための薬も問題です。消費者のみならず作り手の健康も害します。食味が良くても安くても当店が外国産の麦を使わないのはそういった理由があります。

そんなわけですから、パンの原料となる小麦についても自然栽培のものがないかと思うのは私としてはごく自然なことでした。安全性を考えるとベストは自然栽培小麦。次に有機小麦。ですが、品種の特性もあるのでしょうか、なかなかありませんし、あっても遠方だったり高価だったり希少だったりします。

そんな自然栽培小麦をようやく手にすることができました。

亀岡、南丹地域で無農薬、もしくは減農薬で栽培された野菜 を配達・移動販売をしている369worksさんにご紹介いただきライスバレー米谷さんと知り合うことができました。

ライスバレーの圃場

ライスバレーとは、コンテンポラリーアーティスト(現代美術家)である米谷 健+ジュリア2人が手掛けるアートプロジェクト。ほぼ衝動的に過疎化進む日本の田舎(農村)へ移住を決定、「農業は芸術だ!」のコンセプトで5反百姓に挑んだのが事の発端。地元農業委員会の面接をきわどくパスし、2016年2月、新規就農者として認定。米、麦、豆、野菜、果物など栽培種類は多岐に渡る。2017年秋からは規模を拡大。環境保全と食の安全をコンセプトにクリエイティブな農業を目指す。100%無農薬、無化学肥料、無除草剤で土の活力(土中に無数に存在する善玉、悪玉菌のバランスがポイント)を蘇らせ、圃場が生態系を復活させることで農作物の成長を促す。よって主役は、野菜や生き物(土に潜む微生物含む)。百姓である我々は、その環境を整える世話役。アート作品でも度々環境問題をテーマに制作し、その都度、その道の研究者、科学者のお世話になったが、この経験は、まさに目から鱗。百聞は一見にしかず。

(ライスバレーHPより)

そうしたわけで、これまでの「全粒粉パン」をすべてライスバレーの小麦に切り替え販売することにしました。今までのでも十分美味しかったのですが、ライスバレーの小麦は野性味があるのでしょうか、香りも味も深くなった気がします。

1本740円とよいお値段になってしまいましたが、十分価格に見合う値打ちのパンとなっています。また、あまりなじみのない方のために前日焼きとなりますがスライス売りも始めました。こちらは1枚140円です。

全粒粉パン

最後に、ぜひおすすめしたいのが病気などで食事療法をされている方です。全粒粉のパンは玄米と同じく、ミネラルが豊富で血糖値の上昇が緩やかですので、生活習慣病をはじめがんなどの食事療法でも推奨されています。

私も父が闘病中にいろいろ調べましたが、全粒粉入りのパンはあっても全粒粉100%のパンは意外と見かけません。国産小麦で自然栽培ならなおさらです。あっても高価です。

生きる糧としてのパンとしては最高のものができたと思っています。

木工と珈琲とパンの休日

ご無沙汰してました。

習慣づけないとなかなかできないものですね、投稿って。本当はもっといろいろお伝えしたいことがいっぱいあるんですが、どうしても急ぎのお知らせばかりになってしまっています。

さて、今週11月2日(土)は、先月台風のために延期していたyoshida_wood_studioさんの作品展示会を開催します。

yoshida_wood_studioさんは元来家具をメインに制作されておりコンペで入賞するなど気鋭の家具作家(職人)さんです。最近は小物も手掛けるようになったことで作品の幅も広がっています。今回はその小物たちを当店の座敷にて展示いたします。

無垢の木を丁寧に手作りで作っているため、当然大量生産というわけにはいかず、ちょうど当店のような規模がぴったりなんですね。あまり大々的には宣伝してませんので、この情報に触れた方はラッキーです。

そしてもう一つ、ラッキーが。

なんとその日に出張コーヒーの「しずく舎」もやってきて、座敷でぽたぽたコーヒーを淹れてくださいます。なんとまぁぜいたくなコラボレーション。

あちこちでイベントがにぎやかな秋ですが、里山のパン屋さんで静かにほっこりと楽しむのもどうでしょう。天気予報ではお天気よさそうです。

あ、ついででよいのでパンもお買い求めくださいね。お待ちしています。

台風による臨時休業のお知らせ

いや~な台風が近づいてますね。

ずっと天気予報を注視していますが、12日(土)はどうしても暴風雨になりそうです。

外出は危険が伴いますので臨時休業いたします。

せっかくの「yoshida_wood_studio展示会」の日だったのですが、こちらは11月2日(土)に延期いたします。

みなさんも不要不急の外出は控えるようにしましょう。

yoshida_wood_studio展示会のお知らせ

ぱぱっと決まった企画です。


当店のキャッシュトレーや陳列棚でお世話になっている@yoshida_wood_studioさんの作品展示会を10月12日(土)に行うことになりました。


ご本人在廊しますのでアレコレお話もできますよ。もちろん購入することも可能です。


お天気もよさそうですし、パンかじって、コーヒー飲んで、すてきな作品見て、心に栄養与えてみてはいかがでしょう?お待ちしています。

消費税増税にあたり

こんにちは。10月に入ってしまいました。

消費税増税にあたり注意点についてお知らせします。

値上げについて

食品については軽減税率が適用されるため、原材料の仕入れはこれまで通りなのですが、光熱費やレジ袋、運搬料などいろいろなものが値上がりしています。

その影響がありますので、パンの価格も若干値上げさせていただきます。

お値段据え置きのものもありますので、ここでは詳細を省きますが10円~20円ぐらいの幅です。「パンの紹介」ページを新たに作り原材料も表示しましたので参照ください。

イートインについて

ちまたをにぎわす軽減税率の複雑さ。それはイートインの扱いにおいて顕著です。当店は持ち帰りに関しては軽減税率適用により8%据え置きです。ですが、イートインは10%となります。

他の飲食店同様私たちも悩みましたが、結論として持ち帰りとイートインは税込同価格とすることにしました。

パンの場合、持ち帰りで買っても中で食べたり庭で食べたり自由自在なわけで、それを線引きしたり目を光らせたり気にしたり、そういうことはちょっと面倒くさいなぁというのが本音です。

また、税抜き価格を一定にし、税額を変えると1円単位のやりとりが必要となってきます。

そのような煩雑さをさけるのが一番の理由です。

イートインに関しては実質値下げとなりますが、ご理解のほどお願いしたいと思います。

ラインナップの整理

増税に隠れてしまいましたが、パンの種類を大幅に整理しました。

パンの紹介」ページを見ていただくとわかると思いますが、菓子パン、フランスパンをなくしました。

「ええええ~っ」という声が聞こえてきそうです。

ただ、実のところシンプルなパンを中心に据えたいというのは開業前からの方針だったのです。

理由として第一は、小さなパン屋としては生地の種類が多いというのはものすごく労働としての負担が大きいということがあります。長く続けていくためには無理のない仕組みづくりが必要です。

第二には、毎日口にするものを目指しているのに、菓子パンはあまりにも糖分が多いということがあり、作っていて心苦しい点があります。

甘くておいしいものを否定するわけではありません。が、そういう食べ物は「ハレ」の日のものであるという思いがあります。当店は「ハレ」のパンではなく「ケ」のパンを目指しています。

以上の点からの判断となります。 実際のところ、少しづつ菓子パンなどよりもハード系の売り上げが上がってきており、そういうことも後押ししています。 これからも少しづつ変化があると思いますがご理解いただければ幸いです。

キャッシュレスによるポイント還元について

ポイント還元の制度については、申請が遅れたため、まだご利用いただけません。

もうしばらくお待ちください。

やっと運動会

言っておきたいこと。

本日臨時休業です

先週雨で延期になった運動会が本日に移ったためです。たびたび休みになり申し訳ありません。うちの店は一人でも欠けるとパンが焼けないのです。二人欠けるとなおさらです。

当サイト編集中です

10月増税の機にメニューを見直している関係でHPをいじりだしたらキリが悪くなって地図などが消えたままになっています。ごめんなさい。早く戻せるようにがんばります。

休みの変更

明日21日は臨時休業の予定でしたが、小学校の運動会が延期になったため営業します。

ただ、休みのつもりで段取りを組んでいたためパンが焼けません(酵母はすぐには用意出来ない)。

本日の残り分だけの販売となりますが、それでもよいかたはどうぞお越し下さい。イートインも可能です。

そして延期になった運動会が来週水曜日に行われることになったので、25日水曜日の営業をお休みします。色々と変更が多くなり申し訳ありません。

今日は遅いので定期配達の方には明日改めてご連絡いたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

臨時休業 9月25日(水)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

しずくの日

まだつぼみ

いよいよ彼岸花がにょきにょきと出てきています。
今年は例年と比べちょっと遅いですね。


さて、お久しぶりに「しずくの日」が決定しました。暑くも寒くもないいい季節です。見ごろをやや過ぎたころかもしれませんが、曽我部の彼岸花とともに堪能していただけたらと思います。

「しずくの日」  9月28日(土)

※しずくの日・・・出張専門のコーヒー店「しずく舎」がふくくる店内にてコーヒーを淹れてくれる日です。美味しいパンとともに舎長オリジナルのブレンドをお楽しみください。

覚えにくい顔

小学生のころは学年全員、男子も女子も顔と名前を覚えることができた。ちなみに当時は40人くらいのクラス×5クラスあった。

それが中学、高校と進むにつれて全員を覚えることができなくなった。9クラスくらいあったせいもあるだろうけど、ほかに覚えるべきことが増えたのだと思う。

名前と顔、どちらが覚えやすいかというと顔である。脳科学的にも視覚情報の記憶力というのはすごいらしい。だからたまにある「この人どこかで会ったような…」という感覚はあながち間違いではないらしい。

という話をしておいてなんだけど、最近人の顔が覚えづらいと感じることが多い。名前はなおさら。

店に立っていると日々お客さんに接するわけだけど、どうにもなかなか覚えるのが難しい。何度か来店してもらってるのに(それは会話でわかることがある)、初めて会った気がしたり。

そのくせ地元のスーパー「マツモト」へ行くと、「あの人どっかで見たな~お客さんかな~」と気になることがしばしばある。

たぶん、人によって覚えやすい顔、覚えにくい顔というのがある。というのがわたしなりの結論である。

なので、いつもパン買いに来てるのによそよそしいな~と感じたら「たぶん覚えにくい顔なんだ」と思って下さい。決してよそよそしくしているわけではありません。たまに数分のタイムラグを経て思い出すこともあります。完全に人違い、勘違いしていることもありますけどね。

指のケガ

庭仕事や木工仕事しているとたまに指をケガすることがある。こいつがやっかいだ。


パン製造において私の役割は窯担当つまり焼成係なので生地をこねることはない。しかし、家事全般と営業時間は各種洗い物などもあるし水仕事は多い。


指をケガすると当然ばんそうこうなどの処置をしているのだけど、これがなかなか悩みどころである。薪をくべたり、パンの出し入れをするときは軍手の脱ぎはぎが頻繁にあるので、ばんそうこうのハジがめくれあがってきてしまう。


さらに水仕事を考えると普通のばんそうこうでは歯がたたない。ちょっといいものを使うか、ばんそうこうの上からテープでぐるぐる巻きにして、剥がれたらこまめに取り換えるか。いずれにせよまぁまぁめんどくさいことになる。


ケガをしないわけにもいかないし。