再び窯が壊れる

8月の話です。ちょっと長くなります。

今年のわたかまさんの展覧会のための打ち合わせを夏季休業中にしたのです。ちょっといろんな確認のためもあって窯を稼働しパンを焼くことになりました。約一か月ぶりです。

その日は11:30に集合でお昼を食べることになってましたので、9:00くらいから窯の準備を始めました。そういえば休みに入って全然窯の手入れをしてなかったなぁなんて思いつつ蓋を開けて中を覗いたところ、昨年4月に窯が崩壊した時からちょっと崩れかかっているレンガ(耐火レンガ)が目につきました。

ちょうど天井アーチの真ん中、前後左右から見てもど真ん中のレンガです。それが斜めになってて落ちそうに見えるのです。こんなに落ちてたかなぁ、と思いながら下がっている方を棒でクイっと触ったところ・・・

 

どさっ!

・・・(沈黙)

 

かろうじて引っかかってたんですね。営業中じゃなくてよかった。でも今日焼けないかも、連絡しないと、仕込んだ生地がもったいないな、直せるかも・・・いろんな考えが頭の中をぐるぐる。

原因としては、そもそもそのレンガのテーパーが浅かったこと、前回修理の時に目地を埋めるものを何もつけなかったこと、が挙げられます(テーパーとはレンガの斜めカット加工の度合いのこと)。いつか落ちるかもとは思っていたので不思議はありませんでした。それよりよくもったものだと思います。

 

落ちたということはレンガの幅より隙間が大きいということなので下から押し込んでも無駄です。何か隙間を埋める工夫をして上からハメこんでやらねばなりません。とにかくまずは上からですので、窯外部に回り、レンガの層を覆う粘土の層をはがすことからです。

幸い、というかなんというか、前回修理時に上から塗った粘土は粘土というより田んぼの土そのまま。そのためまるで亀の甲羅のような大きなクラック(亀裂)がたくさん入っていて、いわばブロックごとに分かれている状況。このブロックを該当箇所のみはがす作業でしたので、わりと簡単でした。

しかし問題がありました。ど真ん中でしたので、ちょうど真上にはダンパー(煙突の空気量を調節するため仕組み)用の管があって上からではレンガを入れることができないのです。う~ん。う~ん。困っているのに、こういうときほど楽しくなる。なぜでしょう。あばれはっちゃくなみに逆立ちをして考える。ことはしませんが、ひらめきました。

 

下から吊り上げればいいのです。釣り上げた状態で固定し隙間を埋める。しかし、そんなにうまくいくだろうか。経験上、思いつきの70%はうまくいかない。

何で吊り上げよう。細くて、強度があるもの。・・・針金か。と思って針金を探しに行きましたが、倉庫の片付けのどさくさで見つからない。代わりにトタンの端切れみたいなのを発見。こっちのほうが薄くていい。

トタンで2本の帯のようなものをつくり、それを首吊りのわっかみたいにしてレンガを持ち上げる。トタンの厚みがあるのでそれでうまくレンガが引っかかったので、そのままトタンごと粘土で固定して、粘土ブロックをもとあったように埋め戻して、なおかつクラックを泥で埋めて完了。思いつきのわりにうまくいきました。トータルで約1時間ちょっとの作業でした。

 

これもいつまで持つかわかりませんが当面は大丈夫でしょう。故障のたびに経験値は上がっていく。やってはいけないこと、すべきことがはっきりしてくる。いつか新しい窯を作るときに生きてくると思います。

レジ袋削減のご協力に感謝

今月の再開時より、ビニールのレジ袋を廃止し紙袋を導入、そしてマイバッグをできるだけご利用いただけるようお願いをしております。

ブログ 「マイバッグご利用のお願い

 

久しぶりの営業ですし、目の前の国道は依然通行止め看板が出ている影響で、来店されるお客様の常連さん率が高い。という前置きはありますが、この2週間思った以上にご協力いただけていることにびっくりです。あらためまして、当店の意図を汲んでいただいてのご協力に感謝申し上げます。ありがとうございます。

 

かわいらしいマイバッグを持参する方、以前使った袋を再利用する方、「そのままもってきます」と裸で持ち帰る方、カバンに詰め込む方、などなど様々な方法でご協力頂いてます。ときに車へ走って取りに帰る方まで。

ご協力いただけるのは嬉しいのですが、あまり無理はなさらないでくださいね。強制ではありませんから。ゆっくりゆっくり浸透して、当たり前になれば、習慣になればいいなぁと、そんなふうに考えています。

 

今までマイバッグを使っていなかった人が当店で使うようになったのをきっかけに他の店でも使うようになった、となればなお嬉しいことです。手元にバッグがなければふくくる紙袋を使って、また再利用していただければと思います。だからバッグがなくても来てくださいね。お待ちしております。

しずくの日(18年9月15日)

久しぶりのしずくの日です。

今月は月末土曜日ではなく15日(土)の開催です。

 

気づけば明後日!告知が遅れて申し訳ありません。

いや!違う!明日だ!!

またかき氷をやるつもりだったけど、最近の涼しさのせいでやめるとかなんとか。

 

店内物販コーナーもできてますので、ゆっくり見に来てくださいね。

雨の土曜日、だらだら過ごしましょう。

 

ちなみに「しずくの日」とは、出張専門コーヒー店「しずく舎」が月に一度ふくくる店内にてコーヒーの提供をする日です。コーヒー談議に花を咲かすもよし。ボーっとすするのもよし。もちろん、パンも一緒に召し上がれますよ。

マイバッグご利用のお願い

 

今回のリニューアルにあたり価格変更をはじめ、細かい点で変わったことがいくつかあります。

少しづつご紹介してまいります。

 

まず初めにレジ袋のことです。

当店ではこれまでブルーのレジ袋を使用してきました。安くて軽くて水にも強い。と良いこともあったのですが、何となく貧相な感じと、持ち手でひっぱられることでパンがつぶれること、そして何より燃やすと有害であること、適切に廃棄されないと深刻な影響がおこることが気になっておりました。

先日スターバックスがプラのストローをやめたとかやめるとかの報道を目にして、そろそろやめよかなぁという気持ちが強くなりました。どうしてもパン個別の包装の袋は使わざるを得ないので(乾燥防止のため)、少しでも変えられるものは変えたかったのです。

それに、私の好きな会社である「D&DEPARTMENT」が以前からお客様から集めたリサイクル紙袋をリユースして使っていることに感銘を受けていたこともあります。さすがにウチは食品を扱っていますし、リユースにかかる様々な手間を考えると同じ事はできませんが、少しでも環境に対してダメージの低い方法を模索していきたいと思って紙袋を導入することにしました。

 

ただ、紙といえど使い終わればゴミになるのは同じことです。

そこで、お客様にはできるかぎりマイバッグを持参していただけるようお願いしたいと思います。一度お持ち帰りいただいた紙袋でも構いません。当店は立地上車で来られる方がほとんどかと思われますので、車の中にマイバッグを常備しておいていただければ便利かと存じます。他の買い物にも役立てられます。

 

同様に、配達においてもビニール袋を削減いたします。箱に入れてお持ちしますので、中身だけ受け取っていただけると幸いです。ストックする場所がない方には写真の箱をお貸しすることもできます。次回利用時に差し替えすれば便利です。

 

「大きなことはできないが、小さなことからコツコツと」

きよし師匠の金言を大事にしていきたいと思います。

営業再開のお知らせ

お待たせしました。
本日よりようやく営業再開です。
昨日も長いこと停電してたのであきらめかけてたんですが、ギリギリ16:00頃電気が復旧し仕込みに入りました。あと少し遅いとまた臨時休業のお知らせをしているところでした。
剪定とか間に合わなかった作業もちらほらありますが、そこはご勘弁を。
イートインの方法、ドリンクや物販コーナーなどいくつか変わった点がございます。
お楽しみに。

営業再開延期のお知らせ

~残念なお知らせ~

明日9月5日(水)より営業再開の予定でしたが、昨日の台風の影響により本日は臨時休業とさせて頂きます。いきなりすみません。

仕込み最中に停電になり生地が捏ねられなくなったことが一番の理由です。一部こね終わった生地もありましたが、冷蔵庫が機能しないため発酵が進みすぎてしまいます。
また、煙突トップも吹き飛ぶ寸前まで歪んでしまいましたので本日点検修理の予定です。

本日配達予定のお客様には後ほど改めてご連絡いたします。ご迷惑おかけしますがご理解のほどお願いいたします。

 

*
古民家の我が家には屋根近くの三角になったところに空気が抜けるようになっている格子窓(なんというのか知りませんが)があるのですが、ふだんそこは風は入っても雨まで降り込めない構造になっています。そのためガラスも何も入っていない、ほんとにただの隙間です。

昨日もっとも風が強かった時間のこと。吹き抜けのリビングからふと2階付近の壁を見たら雨が降り込んだようなあとを発見したのです。あれ?と思って反対の壁を見たらなんとその格子窓から水しぶきが!よく見たら辺りの床も濡れているではないですか。

急いで止めなきゃと思ったものの、その箇所はかなり高いところにある。ハシゴを持って来ようにも外は暴風雨。
どどどどどどうしよ~!?
っと思ってる間も雨は容赦なく入って来て、それどころか勢いもますばかり。真横に降らない限り入らないようなところからシャバシャバ水しぶきが来るんですよ。

とにかく止めなきゃと、ロフト部分に椅子を重ねて、腕を伸ばしてプラダンをえいっ!って押さえたところでしばしフリーズ。さてさて…。
たまたま手近に先日内装工事したときの余りの角材が転がっていたので、妻にとってもらって、柱の隙間やらで挟み込んでなんとか固定して凌ぐことに成功しました。

夕食は懐中電灯に水を乗っけてアルミホイルをのせたものを照明に。もう踏んだり蹴ったりの一日。

配達システムの変更について

価格改定の記事の最後に少し触れましたが、配達システムについて9月より若干の変更があります。詳しくは「配達・配送について」をご参照ください。

 

配達を始めたのが一昨年の6月。一時休業から再開するタイミングで始めました。今回システム変更することになった一番の理由は、配達料のことです。パンの値段を抑えていたのと同様に、配達も利用者を増やすため、配達料無料、下限額設定なしにてお届けしておりました。単発利用や定期利用者は思ったほどには伸びませんでしたのでルートのロスがないようお客様に日時の融通をしていただくことで交通費を抑えられていました。

 

しかし、「臨時配達」をするようになって格段に利用される方が増え、亀岡市内を西へ東へ行ったり来たりすることが頻繁になってまいりました。単純に走行距離が増えたのです。

下限額設定については、パンの値上げとも関連して1000円の注文だと今までより個数が減る可能性があること、しかも一日の注文数が少ないときに時間的、経済的コストが大きいことから導入することにしました。

たかが亀岡市内と言えど、全域カバーすると結構な距離です。これらいずれもそのうち導入する予定でした。

ちなみに「臨時配達」とは、時々パンが残った時にLINE@でフォローいただいているお客様に欲しい人はいませんか?というお知らせをしてご注文をお受けしお届けするサービスです。どうも自ら連絡をとって注文をするよりも、オファーに対して反応する方が購入しやすいようです。

 

次にメニューに関してですが、細かくセットを設定していましたが、現実的にそんなに使い分けるほどパンのレパートリーもなく煩雑なだけなので、セットはおまかせセット一本にしました。お客様は希望があれば指定されますし、そうでなくててっとり早く注文したければ予算だけ伝える、ということがほとんどでした。

また「お得セット」という”余りものでかたよりが出るぶんオマケします”というセットがありましたが、実際のところだいたいまんべんなくご用意できましたし、職場などで複数名まとめての注文にて「お得セット」と「お試しセット」という同じ値段のセットが依頼されたときに、かたやオマケつき、かたやオマケなし、となり複雑な気分になりました。

 

普通、来店客に売るよりも配達した方が時間的にも経済的にもコストがかかるので、個人に配達するようなパン屋さんはあり得ないと思いますが、わたしとしては配達はわりと好きです。1対1でお話しする機会も増え、いろんなフィードバックを受けてお客様との親密度が高まったりモチベーションが上がりますし、よりよいサービスをしたくなります。お客様の方も特別感をもっていただけるでしょうし、なによりも仕事や育児などで来店できないときに助かるだろうと思います。実際そのような声もいただいています。結果、よい循環が回っている手ごたえがあるのです。

お届け時間に多少の幅があるのが難ですが、これからもよりよいシステムを探りつつ、配達にも力をいれていきたいと思います。配達枠としてはパンクするまでにまだ余裕がありますので、単発でも定期でもご利用いただけたらと思います。

たまに「来てもらうのは申し訳ない」とおっしゃる方もおられますが、上記の理由でこちらは好きでやってますし、配達日は1件だけでなく何件ものお宅を回っているので気おくれすることはありません。ぜひご利用ください。わからないことや、お問い合わせはお気軽にメールやTELなどにてお尋ねください。

なお、「臨時配達」は9月から原則的にはやめる方向にしています。現在代わりのサービスを準備中です。

 

 

 

 

 

2018夏休み ~きれいな川で川遊び~

小さなころから、父の影響で「BE-PAL」や野田知佑の本をよく読んでいました。自宅近くの川が淀川という全くきれいではない川でしたから、いつしかきれいな川への憧れが増していったように思います。
大学の時に入ったサークルで、初めて四国の四万十川をカヌーで下った時のこと。瀬に入る直前の流れが少し早くなったところで、透明度が高いために自艇の影が底に映り、まるで空を飛んでいるかのような感覚になったことがあります。最高の体験でした。
徳島の日和佐川に潜った時も、魚がよく見える透明度の高い川に興奮しました。海もそうですが、やっぱり透き通った水が視覚的には最高なのです。基本的に「非日常を感じさせるもの」が大好きな私は水の中の普段目にすることもない光景を目の当たりにすると興奮するようです。
泳ぎが苦手なくせに海や川に行って潜っちゃうのはそういう理由からなのです。
今年は子どもたちを海に誘っても「いや~」とつれない返事。泳ぎができない彼らにとっては足の届かない海は相当怖いようです。なので川なら即OK。というわけで南アルプスのふもとの大武川へやってきました。
このあたりはこういった水に触れられる公園がいっぱいあるし、きれいな川も多いし最高です。
空は晴天、空気は澄んで山もくっきり、そよそよ吹きわたる風。抜群の天気なのに、なのに…。
気温は25℃。湿度も低い。
普通に過ごすにはこれ以上ない気候も、川で遊ぶには寒いのです。
きれいな川のデメリットは水が冷たいこと。
ほんの1時間ほどで息子、「寒い、寒い」とギブアップしました。
お父さんはそれまで足だけ水に浸かって子どもの様子を見守っていたので、「え、もう?」と拍子抜け。
せっかく来る途中に長袖ラッシュガードを買ってきたのに。悔しいので子どものゴーグル取り上げて水の中を頭だけつけて覗いたら、首にかけてたタオルがずぶ濡れ。「めっちゃきれいやで。ちょっと休んでもう少し遊ぼう」と誘っても、切れたスイッチはもとには戻りません。
この後は公園内のアスレチックで遊んできました。
身に覚えがあるので、子どもにとって親の気持ちを汲むのは大変なのはわかりますが。
来年こそは…。

2018夏休み ~富士山ホテルで家族旅行~

今回の帰省の主な目的の一つは法事です。そしてそれにともないみんな集まる機会だし、いつできるかわからないから、と総勢11名での家族旅行へ行きました。
場所は富士山のふもと「富士山温泉 ホテル鐘山苑」。亡くなったおばあさんが好きだったホテルということで慰霊にもぴったりの場所です。眼前に富士山がそびえたち、10階の展望風呂からの眺めは最高です。とはいえ、その姿を拝めるかどうかは運しだい。特に夏場は雲がかかることが多いようですが、今回初日は写真のような状態でした。日内でもタイミングによっては雲が晴れてたり隠れてたりです。
この展望風呂は夜と朝で男女入れ替わり制です。わたしは二日目の早朝に入ってきました。早朝は朝日が富士山の山肌にあたって赤く見えるのだそうです。ところが、目覚めたときにはすっぽり雲に隠れていました。運ですからね。少々がっかりしつつも風呂へ行き、しばらく眺めておりました。すると、雲がほんの少し晴れてきて朝陽が当たるではないですか。たしかに昨日観たのと違って山肌が赤い。昔から「赤富士」という絵画が多く描かれていますが、こういうことだったのか、と納得。残念ながら風呂から写真はとれませんのでありませんが、登山道も見えるくらい近くで堪能できました。
お風呂の他、庭園散策、宴会、太鼓ショー観覧、縁日イベント、と盛りだくさん。安宿での素泊まりに慣れている身にとっては夢のような場所です。わが子はいとことはしゃいで常にアドレナリンが出っぱなしで興奮しまくりでした。はしゃぎまくる子どもたち、それを微笑ましく眺める大人たち。あんまり意識したことはなかったけれど、年長者と子どもたちがこうしてひと時を過ごす時間、タイミングってなかなかとれるものではありません。仕事や学校が忙しかったり、体調が整わなかったり。もっとも障害になるのは大人たちの人間関係かもしれません。
実は今回の旅行は、前回の年忌法要についで2回目なのですが、こうして集まれることの貴重さを今回痛切に感じました。あと何年かずれたら、なかったかもしれない。子どもたちにとっての財産ともいえる思いでを作ってあげることができなかったかもしれない。自分自身の父が数年前他界し、子どもたちにあまりおじいちゃんとの思い出作りをさせてやれなかったからなおさらそう思うのかもしれません。
旅行にかぎらず、ちょっと無理してでも今しかできない体験を子どもたちにはさせてやりたいと思ったひと時でした。旅行を企画してくれた妻のおじ、おば夫妻には大変感謝しています。