令和2年 謹賀新年

あけましておめでとうございます。


  新年は16日(木)より営業開始します。


これほど気ぜわしい年はないのではないか、という令和2年が明けました。

東京オリンピックはもちろんのこと、わが町亀岡においては、NHK大河ドラマ『麒麟が来る』の舞台となり注目を集め、京都スタジアムの竣工、霧の芸術祭と話題が盛りだくさんの一年です。

世間からちょっと距離を置いてる当店でさえ、そのざわざわに巻き込まれないわけにはいかないでしょう。


そんなタイミングにもかかわらず新年から当店は(木)(金)(土)の週3日営業に変更いたします。

まことにわが道を行っています。

詳細は前回の投稿(12月24日「営業日変更のお知らせ」)を参照してください。営業日数は減りますが、のちのちは今より多くのパンを焼けるようにと思っています。そして、窯作りの実践と研究を深め、パン窯を通して森林資源の活用と環境保全に貢献したいと思っています。


実現可能性はさておき、ふくくるの将来の構想の先は芋づる式に広がっていて、環境保全、労働改革、健康的な暮らしといったものと関わってきます。そこまで進めたら万々歳。

もしかするとうまくいかずにまた後戻りかもしれません。リスクを冒しながら刺激的で魅力的な未来に向けて頑張ってまいります。

ふくくる第2章の始まりです。


ちなみに、私たちの行動はなかなか不可解なようで、「どうやって生活できているんだろう?」という疑念を生んでいるようです(そこまでダイレクトには言われませんが伝わってきます)。別の事業をしているわけでもなく、大きな財産も莫大な貯金もありません。ですのでつつましく暮らしています。過去のたくわえを使い、将来残すべき分から前借りしているようなものです。

休みの日には遊んで暮らしていると思っている人もいるようですが、仕事と育児とお付き合いに追われています。

今は。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)