苗木を逆さに育てたら?

丹波自然公園にて

たまには他愛ない投稿を。

昨日車を走らせていてふと考えたこと。

木、樹木って上へ伸びて枝葉を茂らせていますが、それぞれの木の樹形ってきっと日光や地球の重力に影響を受けてあの形をしているのですよね。
枝のあの伸びてる角度って伸びる力と重力とのバランスの上成り立っているのだと思うのです。

もし木の苗木を、例えばケヤキなんかをハンギングプランターみたいに宙づりにして、しかもそれを逆さにして育てたらどうなるのだろう?土もしっかり吊れるようにして。

横へ広がらずまっすぐ下へ伸びるのか?日光を求めてU字になって上へ伸びるのか。枝葉が上へ伸びてそこが主幹になるのだろうか。

そこでさらに日光を下から受けられるように苗木直下に大き目の鏡を置いて、上から光が当たらないようにしたらどうだろう?そもそも根はどちらに伸びていくのだろう。

調べてもないけど、きっとどこかに同じことを考えて実行したことのある人がいるに違いないと思う。枝葉を誘引して好きな形に育てる方法があるくらいだから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)