配達システムの変更について

価格改定の記事の最後に少し触れましたが、配達システムについて9月より若干の変更があります。詳しくは「配達・配送について」をご参照ください。

 

配達を始めたのが一昨年の6月。一時休業から再開するタイミングで始めました。今回システム変更することになった一番の理由は、配達料のことです。パンの値段を抑えていたのと同様に、配達も利用者を増やすため、配達料無料、下限額設定なしにてお届けしておりました。単発利用や定期利用者は思ったほどには伸びませんでしたのでルートのロスがないようお客様に日時の融通をしていただくことで交通費を抑えられていました。

 

しかし、「臨時配達」をするようになって格段に利用される方が増え、亀岡市内を西へ東へ行ったり来たりすることが頻繁になってまいりました。単純に走行距離が増えたのです。

下限額設定については、パンの値上げとも関連して1000円の注文だと今までより個数が減る可能性があること、しかも一日の注文数が少ないときに時間的、経済的コストが大きいことから導入することにしました。

たかが亀岡市内と言えど、全域カバーすると結構な距離です。これらいずれもそのうち導入する予定でした。

ちなみに「臨時配達」とは、時々パンが残った時にLINE@でフォローいただいているお客様に欲しい人はいませんか?というお知らせをしてご注文をお受けしお届けするサービスです。どうも自ら連絡をとって注文をするよりも、オファーに対して反応する方が購入しやすいようです。

 

次にメニューに関してですが、細かくセットを設定していましたが、現実的にそんなに使い分けるほどパンのレパートリーもなく煩雑なだけなので、セットはおまかせセット一本にしました。お客様は希望があれば指定されますし、そうでなくててっとり早く注文したければ予算だけ伝える、ということがほとんどでした。

また「お得セット」という”余りものでかたよりが出るぶんオマケします”というセットがありましたが、実際のところだいたいまんべんなくご用意できましたし、職場などで複数名まとめての注文にて「お得セット」と「お試しセット」という同じ値段のセットが依頼されたときに、かたやオマケつき、かたやオマケなし、となり複雑な気分になりました。

 

普通、来店客に売るよりも配達した方が時間的にも経済的にもコストがかかるので、個人に配達するようなパン屋さんはあり得ないと思いますが、わたしとしては配達はわりと好きです。1対1でお話しする機会も増え、いろんなフィードバックを受けてお客様との親密度が高まったりモチベーションが上がりますし、よりよいサービスをしたくなります。お客様の方も特別感をもっていただけるでしょうし、なによりも仕事や育児などで来店できないときに助かるだろうと思います。実際そのような声もいただいています。結果、よい循環が回っている手ごたえがあるのです。

お届け時間に多少の幅があるのが難ですが、これからもよりよいシステムを探りつつ、配達にも力をいれていきたいと思います。配達枠としてはパンクするまでにまだ余裕がありますので、単発でも定期でもご利用いただけたらと思います。

たまに「来てもらうのは申し訳ない」とおっしゃる方もおられますが、上記の理由でこちらは好きでやってますし、配達日は1件だけでなく何件ものお宅を回っているので気おくれすることはありません。ぜひご利用ください。わからないことや、お問い合わせはお気軽にメールやTELなどにてお尋ねください。

なお、「臨時配達」は9月から原則的にはやめる方向にしています。現在代わりのサービスを準備中です。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)