解体作業中

おはようございます。

今朝は少し涼しい朝でしたが、すでに日が照り付け始めています(6:20現在)。

ここらで進捗状況の報告を。

上記写真は昨日のものです。

遅れております。

新しい窯どころかまだ古い窯の解体が済んでおりません。

自分でもここまで苦戦するとは思ってませんでした。

解体前の窯

要因はいくつかあります。

第一に、見積もりの甘さ。ま、いつものことですが。2日で終わらすつもりでいました。

第二は、丁寧な作業。

というのも、ばらした土、石、レンガ、セメントガラ、などなどすべて新しい窯で再利用の予定です。

ですから、できるだけきれいな状態で使いやすいよう丁寧にばらし、置き場所も考えての作業です。荒っぽく破壊することは極力避けてます。粉塵もどえらいことになりますし。

裏から見たドーム

第三。検証作業。

使い終えた窯は情報の宝庫です。どこにどんな力がかかってどう変化したのか。ネットでいろんな情報を集めるよりも実際に使用していたものを見るのが一番勉強になります。とくに目につかない部分はじっくり観察し、写真に収めています。

もっとも温度の高くなるヒートライザー部(炎が立ち上がる管)のそばの土の色の変化、土台のヒビの入り方などは非常に興味深かったです。そのうち詳細なレポート作成予定してます。

第四には暑さです。

写真ではわかりづらいですがこのスペースの天井部分は半透明の波板なんですよ。開放されてはいますがつまりは温室のようなところです。日差しは入ってきます。

もう汗だくの上に、ひたすらハンマーを振り下ろしてはモノを運びだすという作業がえんえん続きます。

さすがに熱中症が怖いのでだらだらやって休みをこまめにとって取り組んでいます。焦っても無理をしない。明日も明後日も続きますから。

あと2日ほどで解体を終え、いよいよ制作作業に入っていきたいと考えています。次はセメント練ったりする作業が増えてきますね。ははは。

今は雑草見ても見て見ぬふりです。

しばらくはこんな感じでパンの記事は出てきません。たぶん。悪しからず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)